MENU

「病院薬剤師」が辞める理由とは?求める職場像とキャリア変更の手順

当ページのリンクには広告が含まれています。
病院薬剤師が辞める理由とは?退職を考える瞬間
薬剤師

病院で薬剤師をしているんですが、激務に加え、職場環境に馴染めず転職を考えています。
でも、具体的にどうやって転職したら良いんですか?

薬剤師が活躍する場として多くの方がイメージする病院ですが、病院薬剤師がかかえる仕事は多岐にわたるうえ、病院という特殊な職場環境と求めるキャリアの理想像との相違から、転職を考える人も多いものです。

薬剤師ナビ

今回は『病院薬剤師が辞める理由』と『キャリア変更の手順』について解説します。

この記事でわかること
  • 病院薬剤師が仕事を辞めるときの主な理由とは?
  • 病院薬剤師が求める職場環境とはどういうものか?
  • 病院薬剤師のキャリア変更の具体的な手順
スクロールできます
転職サイト特徴全体
求人数
紹介
記事
公式サイト
1位ファルマスタッフ
ファルマスタッフ
日本調剤グループ運営

高時給求人が豊富!
51,000紹介記事無料登録する
2位ヤクジョブ
ヤクジョブ
地方求人数が多い

調剤薬局・派遣薬剤師に強い
49,000紹介記事無料登録する
3位お仕事ラボ
お仕事ラボ
アイセイ薬局グループ運営
入社後までサポート
17,000紹介記事無料登録する
目次

病院薬剤師が辞める主な理由

まずは、病院薬剤師が辞める主な理由について見ていきましょう。

薬剤師ナビ

次のような理由が多くなっています。

病院薬剤師が辞める主な理由
  • 過剰な業務量と長時間労働によるワークライフバランスの欠如
  • 人間関係のストレス
  • キャリア成長のチャンスの欠如
  • 報酬と待遇への不満
  • 医療現場の変化に対する適応困難

過剰な業務量と長時間労働によるワークライフバランスの欠如

病院薬剤師がかかえる仕事は多岐にわたり、常に過剰な業務量と長時間労働に直面しています

薬剤師ナビ

病院薬剤師の主な業務は次のようなものです。

  • 患者の処方箋の確認と調剤
  • 医薬品の在庫管理と発注
  • 医療スタッフへの薬剤情報の提供など

さらに、これらの業務は薬剤師の専門性を要するものであり、時間と注意力を必要とします

薬剤師ナビ

人の命を預かる絶対にミスが許されない仕事です。

これらの過剰な業務量と長時間労働によるワークライフバランスの欠如は、病院薬剤師の仕事の質だけでなく生活の質にも影響を与えるものです。

薬剤師ナビ

家族との時間や自己啓発のための時間を重視するなど、ワークライフバランスの改善を求めて転職する薬剤師が多くなっています。

人間関係のストレス

病院内での人間関係は複雑であり、これがストレスの大きな原因となっています。

  • 医師や看護師とのコミュニケーション
  • 患者やその家族との対話
  • 薬剤部内でのチームワーク
薬剤師ナビ

良好な人間関係を築くことは、職場の雰囲気を良くし、業務の効率を高める上で重要です。

キャリア成長のチャンスの欠如

多くの病院薬剤師は、キャリア成長の機会が限られていると感じています。

  • 上位職への昇進の機会が少ない
  • 専門性を深めるための研修や学習の機会が不足している
  • 異なる分野への転職や挑戦の機会が限られている

キャリア成長のためには、継続的な学習と挑戦が必要です。しかし、病院薬剤師は専門性を活かせない業務に多くの時間を割かれがちです。

  • 行政的な作業や書類の準備
  • 患者の対応以外の雑務
  • 会議や報告書の作成
薬剤師ナビ

これらの業務が専門的な業務を圧迫することで、専門職としての満足感を損ないます。

報酬と待遇への不満

他の職業同様、病院薬剤師の間でも報酬と待遇に関する不満が高まっています

  • 労働の負担に対する報酬が不十分
  • 福利厚生や休暇制度の不足
  • 職場での評価システムが公平でないと感じること
薬剤師ナビ

適切な報酬と待遇は、職場のモチベーションを高め、職員の定着をうながすものです。

医療現場の変化に対する適応困難

医療技術や治療法の進歩は速く、病院薬剤師には常に最新の知識が求められます

次のような変化に適応しつづけることは、病院薬剤師にとって大きな課題です。

  • 新しい医薬品の情報を追い続けること
  • 治療法の変化に対応するための学習
  • 情報技術の進展に適応すること

病院薬剤師が求める職場環境とは

では、病院薬剤師はどのような環境を必要としているのでしょうか?

ここでは、病院薬剤師が求める職場環境について見ていきましょう。

病院薬剤師が求める職場環境
  • 適切な業務量と労働時間
  • 良好な人間関係と職場の雰囲気
  • 適正な報酬と福利厚生
  • キャリアアップと学習の機会
  • 新しい医療技術への対応と学習
  • 専門性を生かせる仕事の割り当て

適切な業務量と労働時間

家族との時間や自己啓発のための時間とのバランスを意識する病院薬剤師は多いものです。

仕事と私生活の両方を充実させることで、より幸せで健康的な生活を送ることができるようになります

薬剤師ナビ

そのための適切な業務量と労働時間が維持された職場が理想的です。

このバランスが取れている環境では、効率的な仕事が可能となり、ストレスの軽減にもつながります。

そのためにも、次のような取り組みにより、職場の生産性を高めることが必要です。

  • 業務の優先順位の明確化をする
  • 時間管理の徹底をする
  • 適切な人員配置と業務の分担をする
  • フレキシブルな勤務体制を導入する
  • 有給休暇の取得を奨励する文化をつくる

良好な人間関係と職場の雰囲気

良好な人間関係と職場の雰囲気は、病院薬剤師にとって非常に大切です。

互いに支え合い、協力しながら業務を進めることで、仕事の効率が上がります。

  • コミュニケーションの活性化
  • チームビルディングの取り組み
  • 職場内でのイベントや交流の機会の提供

これらにより、職場はより良い環境へと変わります。

適正な報酬と福利厚生

適正な報酬と充実した福利厚生は、病院薬剤師に限らず誰もが職場に求める重要な要素です。

これらは、仕事へのモチベーション維持だけでなく、職員が安心して働ける環境を作るために欠かせない要素といえます。

  • 適正な報酬の設定
  • 福利厚生プログラムの充実
  • 健康管理やメンタルケアのサポート

キャリアアップと学習の機会

病院薬剤師は、キャリアアップと学習の機会を重視しています。

専門性を高め、より良い職場環境を目指すためには、キャリアパスの明確化に加え、継続的な学習が必要です。

  • 専門的な研修やセミナーへの参加支援
  • 資格取得のための勉強会やサポート体制
薬剤師ナビ

これらは薬剤師としてのスキルとキャリアを発展させるチャンスですので、積極的に活用していきましょう。

新しい医療技術への対応と学習

医療技術の進歩は著しく、病院薬剤師は常に新しい知識を取り入れる必要があります。

最新の医療技術に対応するための学習は、専門知識を常に更新し、患者へのより良いサービスを提供するために必須です。

  • 最新の医療技術に関する情報提供
  • 新しい治療法や薬剤に関する研修の実施
  • オンライン学習の機会の提供

専門性を生かせる仕事の割り当て

病院薬剤師が自身の専門性を最大限に活かせる仕事の割り当ては、仕事の満足度を高める上で重要です。

薬剤師ナビ

専門知識を活かした業務に携わることで、プロとしての成長を実感できます。

  • 専門分野に応じた業務の割り当て
  • 新しいプロジェクトへの参加機会
  • 研究活動への支援と奨励

これらを通じて、薬剤師は自らの専門性を生かしながら、職場での役割を拡大していくことができます。

病院薬剤師のキャリア変更

病院薬剤師として働いてきた人が、転職を考えるタイミングは人それぞれですが、自己成長の機会が限られてきた時や職場環境に不満を感じ始めた時などが挙げられます。

  • キャリア成長が見込めない場合
  • 職場の人間関係や環境にストレスを感じる時
  • ライフステージの変化に伴う働き方の変更を望む時
薬剤師ナビ

これらのサインを感じたら、転職を検討するのが良いでしょう。

病院薬剤師のキャリア変更のステップ

ここでは、病院薬剤師がキャリア変更するための具体的なステップを紹介していきます。

病院薬剤師のキャリア変更のステップ
  1. 転職成功後のキャリア計画を立てる
  2. 転職先の選択肢と情報収集方法
  3. 履歴書・職務経歴書の準備
  4. 面接対策と自己PRの準備
  5. 転職活動中をする
  6. 退職手続きと円滑な引き継ぎをする
STEP
転職成功後のキャリア計画を立てる

転職後は、新たな環境でのキャリアプランを見直し、目標を設定することが必要になります。

  • 短期・中期・長期のキャリアプランを立てる
  • 新しい職場での役割や目標を明確にする
  • 継続的なスキルアップや学習を心がける

新しい環境での目標を達成するために、計画的に取り組みましょう。

STEP
転職先の選択肢と情報収集方法

転職先を選ぶ際には、自身のキャリアプランに合った選択をすることが重要です。

そのためにも情報収集は多角的に行うべきです。

薬剤師ナビ

次のような多様な情報源を利用し、自分に合った転職先を見つけましょう。

  • 業界団体や専門サイトからの情報収集
  • 転職エージェントや求人サイトを利用する
  • ネットワークを活用し、現場の声を聞く
STEP
履歴書・職務経歴書の準備

履歴書や職務経歴書は、転職活動の重要なツールです。

薬剤師ナビ

次のポイントを押さえて、丁寧に準備しましょう。

  • 過去の職歴を明確にし、成果を具体的に記載する
  • 専門性やスキルを強調する
  • 志望動機を明確にし、なぜその職場を選んだのかを説明する

これらの書類を通じて、自己PRの機会として最大限活用しましょう。

STEP
面接対策と自己PRの準備

面接では、自己PRのほか、対応力や人間性も評価されます。

面接官に自分の強みや適性を伝えるために、事前準備を念入りに行いましょう。

  • よくある質問への回答を準備する
  • 自分の経験や成果を具体的なエピソードで語る
  • 職場に貢献できる点を明確に伝える
STEP
退職手続きと円滑な引き継ぎ

退職手続きと円滑な引き継ぎは、職場との良好な関係を保つために重要です。

  • 退職の意志を早めに伝え、手続きを進める
  • 後任者への引き継ぎを丁寧に行う
  • 職場とのコミュニケーションを大切にする

しかし、中には劣悪な職場環境で退職を引き止められるケースもあります。

そういった場合は、退職代行サービスの利用も検討すると良いでしょう。

転職活動中の心構えとストレス管理方法

転職活動は時にストレスをともなうため、ポジティブな心構えと適切なストレス管理が成功への鍵となります。

  • 目標設定をし、一歩一歩進める
  • 断られた場合でも次へのステップと捉える
  • 趣味や運動で適度にストレスを解消する

挑戦する姿勢を持ち続けることが、転職活動を乗り越える力になります。

まとめ

この記事では『病院薬剤師が辞める理由』について解説してきました。

この記事のまとめ
  • 病院薬剤師が辞める理由は次のようなものが多い
    • 過剰な業務量と長時間労働によるワークライフバランスの欠如
    • 人間関係のストレス
    • 報酬・待遇への不満や専門性を活かせない環境によるキャリア成長の機会の不足
    • 医療現場の変化への適応困難
  • これらの問題に対処し、改善を目指すためには、病院側と薬剤師自身が協力して取り組む必要がある
  • どうしても環境に馴染めない場合は退職・転職を検討するのも大切
薬剤師ナビ

まずはできる範囲の小さなことで良いので、あなたの職場環境を見直し、より良い職場を目指しましょう。

とはいえ、どうしても環境に馴染めない場合は、心身がダメージを受ける前に退職・転職を検討することも大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『薬剤師ナビ』は、薬剤師の皆さんが就職・転職、そして退職等のキャリアの節目で迷ったときの解決策や専門的な情報を提供するウェブメディアです。

目次